カリキュラム


カリキュラムの特長

P04_カリキュラムの特長

■ 積み上げ方式によるステップアッププログラム

K2BSのカリキュラムは、大きく分けて(1)ベーシック(基礎)科目、(2)アドバンスト(基本)科目、(3)エグゼクティブ(専門・応用)科目、(4)プロジェクト研究(実践)科目の4つから構成されています。基礎的な知識をベースに、応用的な知識を学ぶために、また課題を抽出し、分析し、そして解決する能力(気づき、考え、提案・実践する)を培うために、基礎科目から専門・応用科目へ進む積み上げ方式のステップアップ型プログラムを採用しています。

■ プロジェクト研究報告書(研究レポートまたは論文)

MBA取得のために修士論文に対応した研究報告書を提出し、審査に合格することが求められます。研究報告書は、学問的な立場からの論文に限らず、現在の職場や業界の問題に関する調査分析、それに基づく変革プラン、将来のビジネス・プランなど多彩な研究が可能です。論文作成プロセスを通して、問題を発見し、それを自ら分析し、さらには解決策を考えるまでのプロセスをじっくりと体験します。それによって、思考能力や分析能力、文章力、プレゼンテーション力を高めます。

■ 多様な教育方法

授業は、一方的な講義ではなく双方向な授業を重視しています。そのためグループワークや教室内での議論、プレゼンテーションの機会が多数設けられています。また、適宜レポート作成が課されます。これらを通じて、自分の考えをまとめ、磨き上げ、他人に伝える訓練を行います。
また、経営の実践を体感し経験する場として、様々な教育方法を組み合わせて提供しています。ケース・メソッドのみならず、優れた経営者との対話、フィールド・ワーク等を活用することで、理論と実践の相互作用が期待されます。

■ ゼミ方式

演習としては、1年次にグループ・ディスカッションが設置されています。これを通じてグループ学習・グループ討議を繰り返し、各自の研究テーマの探索・発見を試み、研究テーマを深掘りするための思考方法や分析手法の習得を意図しています。
2年次のプロジェクト研究では、各自の問題意識に基づいて専任教員の指導の下で、独自の研究テーマを深める作業を行います。同様の関心を有する学生と切磋琢磨することで、1年間かけて、プロジェクト研究報告書を作成します。ゼミで身につく構想力、行動力、論理的思考、専門的な知識は、MBAとして卒業後に活躍する際に大切な知的基盤になります。

修了要件

44単位以上の修得を要件とします。ベーシック科目、アドバンスト科目、エグゼクティブ科目、プロジェクト研究科目を段階的に履修することにより、理論と実践を兼ね備えたマネジメント力を養成します。
経営系専門職大学院認証評価認定マーク
長期履修学生制度
在学生の方へ
修了生の方へ
資料・願書請求
お問合せ
北九州市立大学
CCBSバナー59*14(日英)01